×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

有馬記念

有馬記念で毎回的中実績をだしている。負けることは絶対にない。1年に一回だけ!レース開催日にのみ配信される伝説的なメルマガ
有馬記念関係者情報無料

1年に1回だけ無料メールマガジン発行。有馬記念だけの為に、有馬記念をトコトン研究している有馬記念スペシャリスト達による情報です。

明日へとつながるグランプリ

有馬記念とは

ここへ画像の説明を記入して下さい 注目!一年を締めくくるビッグレース
 1956年に前身である「中山グランプリ」が創設。中山大障害に替わる暮れのビッグレースを作るという当時の日本中央競馬会理事長・有馬頼寧氏の提案をもとに、ファン投票による出走馬の選定方法を採用。第1回は中山競馬場芝・内回り2600mで行われた。  しかし、翌年の1月に有馬氏が急逝。同氏の競馬発展への功績を称え、この年から「有馬記念」に改称された。60年に芝・外回りに変更されたのち、66年から現行の芝・内回り2500mで行われている。本競走は第1回から中山競馬場を舞台に行われ、中央競馬の一年を締めくくるレースとして定着している。  71年には混合競走となり、外国産馬にも門戸を開放された。84年のグレード制導入ではG1に格付け。96年には従来の推薦方式を廃止し、ファン投票上位10頭ならびに競走成績を考慮して出走馬の選出が行われるようになった。07年からは国際競走にも指定され、外国馬の出走は6頭まで可能となった。

注目!ファン投票1位の優勝は13回
 創設時よりファン投票によって出走馬が選ばれるという、世界でも類を見ない形式をとっているグランプリ・有馬記念。ファン投票で1位を獲得した馬はそれぞれの時代を彩った名馬ばかりだ。過去56回の歴史のなかで、ファン投票1位の馬が勝利したのは13回。トウショウボーイ、テンポイント、シンボリルドルフ、オグリキャップ、ナリタブライアン、シンボリクリスエス、ディープインパクトらの走りは後世に語り継がれることだろう。  しかし、今年は残念ながらファン投票1位のオルフェーヴルが出走回避を表明。レース前に回避したのは09年のウオッカ以来5度目となる。今年のグランプリレースを制するのはどの馬だろうか。

注目!3歳馬による優勝は16回
 中央競馬を代表する実力馬が勢ぞろいする同レース。実力がつけてきた3歳馬が古馬のチャンピオンを撃破して、頂点に立つことも少なくない。これまで3歳馬の優勝は16回。そのうちクラシック三冠を制し、その年の有馬記念を制した3歳馬は3頭いる。84年のシンボリルドルフ、94年のナリタブライアン、昨年のオルフェーヴル。なお、05年のディープインパクトは2着に敗れている。  また、二冠を制してその年の有馬記念に挑戦した馬は6頭いるが、まだ勝利した馬はいない。近年では06年のメイショウサムソンが5着に敗退。85年のミホシンザンの2着が最高成績だ。

1年に1度の特別配信

メルマガ登録
 メールアドレス
 年齢
 レース名
レース名は変更しないで下さい。
powered by 特別メール配信

有馬記念を丸裸にしてみよう!

赤1)上位2番人気馬までに8勝
 過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【5.3.0.2】で全体の半数の5勝。連対率も8割と高く、昨年優勝のオルフェーヴルをはじめ、近4年は連続連対中だ。2番人気馬は【3.0.0.7】で、勝ったのは10年のヴィクトワールピサら3頭。1番人気馬、2番人気馬で8勝と勝ち切る傾向がある。その他の勝利は、4番人気馬(05年ハーツクライ)と9番人気馬(07年マツリダゴッホ)が1勝ずつ。  1着馬は上位人気馬がほとんどなのに比べ、2着・3着は荒れる傾向がある。2着には二ケタ人気馬が08年のアドマイヤモナークなど2頭おり、いずれも馬連万馬券決着。3着は9番人気以下が5頭。特に、近4年は3着がいずれも9番人気以下だった。

赤2)サンデーサイレンス系vsノーザンダンサー系の戦い
過去10年の系統別成績は以下の通り。数の上ではサンデーサイレンス系が他を圧倒しているし、率の面でもまだまだ優秀。少なくともサンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系やミスタープロスペクター系の苦戦ぶりに比べれば「まだまだ見限れない」とはいえるだろう。  ナスルーラ系から出た勝ち馬カンパニーは最初の2年は人気になりながら馬券から消えているし、アドマイヤコジーンやサイドワインダーが1番人気を裏切っている。「その他の系統」からはトウカイポイントが出ているが、近年はマイルCSへの出走自体が途絶えている。やはり実質的には「サンデーサイレンス系vsノーザンダンサー系の戦い」といえるのではないだろうか。

赤2)好走馬の中心は3歳馬、4歳馬
年齢別成績では4歳馬が【6.2.2.22】で勝率18.8%、連対率25.0%、複勝率31.3%でいずれもトップ。03年〜08年にかけては6連勝した。昨年は2着エイシンフラッシュ、3着トゥザグローリーが好走。出走馬がなかった09年をのぞいて、いずれの年も3着以内に入っている。  4歳馬に次ぐ3勝をあげているのが3歳馬で【3.4.2.31】。10年のヴィクトワールピサ、昨年のオルフェーヴルと2年連続で勝利している。なお、好走馬9頭のうち、10年3着のトゥザグローリーをのぞく8頭はすべて5番人気以内に支持されていた。  5歳馬は【1.2.3.27】で09年ドリームジャーニーの1勝のみ。近5年では同馬しか好走できていない。6歳馬は3着1回のみだが、7歳以上の馬は【0.2.2.12】と健闘。好走馬4頭のうち、04年2着のタップダンスシチー(3番人気)をのぞくとすべて二ケタ人気だった。

赤3)ジャパンカップ組の勝ち馬は3着以内
 前走クラス別成績では、G1(海外G1含む)を使った馬が【10.9.8.80】。優勝馬はすべて前走G1組で、好走馬全体としても9割を占めている。  前走G1組のなかでも、ジャパンカップ組(以下、JC組)が【6.3.3.56】で中心。有馬記念出走馬の約半数が前走JC組で、最多の6勝をあげている。これら優勝馬はすべてJCで3着以内に入っていた。逆に、2着・3着に好走した6頭のうち、5頭はJCで4着以下。昨年3着のトゥザグローリーはJC11着から巻き返している。

赤4)天皇賞(秋)組が好成績
 JC組以外の4勝は、天皇賞(秋)組が【3.0.2.5】、菊花賞組が【1.2.1.6】。天皇賞(秋)組は複勝率5割と高い。好走馬5頭のうち、1・2番人気は2頭だけ。その他の3頭はいずれも9番人気以下だった。07年優勝のマツリダゴッホ(9番人気)は天皇賞15着から巻き返している。  菊花賞優勝から有馬記念に臨んだ馬は4頭いるが、勝ったのは昨年のオルフェーヴルのみ。05年のディープインパクトは2着に敗れている。菊花賞2着以下で好走したのは、03年2着のリンカーン(菊花賞2着)、3着のゼンノロブロイ(菊花賞4着)の2頭。  ちなみに前走G2では、アルゼンチン共和国杯組が【0.0.1.5】。唯一02年3着のコイントス(前走2着)が好走。ステイヤーズS組は【0.0.0.12】で好走馬ゼロとなっている。

【過去結果】有馬記念

【第57回】2012年12月23日(祝・日)5回中山8日

2012年第57回有馬記念的中無料情報  レース動画を見る

着順 13 ゴールドシップ 6 オーシャンブルー 9 ルーラーシップ
的中馬券 3連単 24,250円 58番人気

ゴールドシップ、古馬勢をなで斬りにする末脚でGI 3勝目!  有馬記念(GI)は悲鳴に包まれての幕開けとなった。単勝オッズ3.7倍のルーラーシップは立ち上がりながらのスタート、2.7倍のゴールドシップも例によって行き脚がつかない。人気を分け合った2頭が後方からのレースを余儀なくされたのだ。  アーネストリーの先導で緩みなく流れたレースに、3コーナー手前で変化が訪れる。それまで最後方にいたゴールドシップが馬群の外を通ってグイグイとポジションを上げていったのだ。得意のマクリ戦法。ただ、スムーズな進出だった菊花賞とは異なり、この日は鞍上・内田博幸騎手の手がしきりに動き、苦労しているようにも見える。事実、直線を向いた段階では眼前にまだ10頭。ルーラーシップもすぐ側に忍び寄っていた。  ここから届くのか? 来るのはどちらだ? それとも前で決まるのか?  まずは内を突いてエイシンフラッシュが抜け出す。馬群を割ってオーシャンブルーも差してきた。そして、その外。豪快に脚を伸ばしてきたのはゴールドシップだ。  「少々外を回っても突き抜けられる。この馬の力を信じて乗った」  内田騎手の信頼に応えるかのように、外から末脚を炸裂させるゴールドシップ。オーシャンブルーとエイシンフラッシュを一瞬にして交わし去り、さすがのラストスパートで追い込んできたルーラーシップも突き放して、最後は内田騎手が左手で投げキッスを見せながら入線するという余裕の先頭ゴールを果たしたのである。  「怪我から復帰して最初の重賞勝ちも最初のGI 勝利もゴールドシップだった。この馬とグランプリを勝てて1年を締めくくれたことが嬉しい」  内田騎手の喜びとは別に、観る者の心も一種のカタルシスで満たされたはず。3歳最強馬が、ヒヤリとさせてから結局は突き抜ける、スペクタクルで、かつ強いレースを見せてくれたのだから。  さあ来年は、まだまみえていない王者オルフェーヴルや女王ジェンティルドンナとの“真のナンバー1”決定戦が、ゴールドシップには待っている。

【【第56回】2011年 12月25日(日) 5回中山8日

2011年第56回有馬記念的中無料情報  レース動画を見る

着順 9 オルフェーヴル 5 エイシンフラッシュ 7 トゥザグローリー
的中馬券 3連単 78,260円 207番人気

驚異の末脚! オルフェーヴルが四冠のゴールを力強く駆け抜ける  有馬記念(GI)の道中、1番人気オルフェーヴルは最後方集団のイン、出るに出られぬ位置で行きたがる素振りを見せている。これをグっと抑えながらも鞍上の池添謙一騎手は、レース前に描いたイメージとは異なる展開とポジションに唇を噛んでいた。  宝塚記念に続くグランプリ連覇を狙うアーネストリーがゆったりとしたペースで先導するのは、ドバイで世界を驚嘆させたヴィクトワールピサ、天皇賞(秋)をJRAレコードで差し切ったトーセンジョーダン、7つ目のGIタイトルを懸けて引退レースに臨むブエナビスタ、あるいは昨年の日本ダービー馬エイシンフラッシュや天皇賞(春)の勝ち馬ヒルノダムールといった面々だ。  オルフェーヴルにとっては初の古馬との対戦。いかにクラシック三冠馬とはいえ、これまで以上の強敵を相手に、この位置から、この極端にスローな流れで、果たして届くのか? 池添騎手だけでなく、レースを見守るすべてのファンが疑念を抱いたはずだ。  が、オルフェーヴルは向こう正面で上手く外へと持ち出されると、そこからは独擅場を演じることとなる。  3コーナーから4コーナー、馬群の外から手ごたえよく進出していったオルフェーヴルは、早くも直線手前で好位に押し上げ、そしてスパート態勢へと移る。直線では並み居る強豪たちをねじ伏せるような力強い脚取りを見せて、先行馬群から抜け出してきたエイシンフラッシュ、後方から追い上げたトゥザグローリーやルーラーシップらを従えながらのゴール。苦しいレースを驚異的な末脚で制したその瞬間、三冠馬は四冠馬となり、3歳最強馬は現役最強馬となったのだった。 「強かった。それしか言葉が出てこない」  着差は4分の3馬身だったが、確かに池添騎手の言うとおり、それ以上の強さを感じさせる走り。今後さらに国内でタイトルを積み上げることも、海外で偉業を成し遂げることも十分に可能だろう。  いつの間にか降り始めた雪の向こうに、オルフェーヴルが四冠馬も現役最強馬も超えて“歴史的名馬”と呼ばれる未来が見える、そんな、圧巻のグランプリだった。

【第55回】2010年 12月26日(日) 5回中山8日

2010年第55回有馬記念的中無料情報  レース動画を見る

着順 1 ヴィクトワールピサ 7 ブエナビスタ 11 トゥザグローリー
的中馬券 3連単 60,770円 179番人気

ヴィクトワールピサが女王を封じてグランプリV  3連勝中のトーセンジョーダンがハナを切り、完全復活を期すオウケンブルースリが2番手。中日新聞杯を快勝したトゥザグローリー、皐月賞馬ヴィクトワールピサ、今日は素早くゲートから出た天皇賞(秋)2着馬ペルーサらが好位を占め、押し上げていくのは鳴尾記念を制したルーラーシップ、日本ダービー馬エイシンフラッシュは中団と“強い3歳”勢もズラリ。その後ろには1位入線2着降着となったジャパンカップの雪辱に燃える断然の1番人気ブエナビスタ、さらには連覇を狙うドリームジャーニーが控える。  ローズキングダムの出走取消は残念だったが、それでも有馬記念(GI)には“グランプリ”の名にふさわしい顔ぶれが集ったといえるだろう。  ただ、典型的な逃げ馬不在とあってピッチは上がらず、ゆったりとレースは進んだ。そんな中、「いいポジションだ」と手ごたえを感じていたのがヴィクトワールピサのミルコ・デムーロ騎手だ。向こう正面の後半でジリジリと進出、早くも先頭に並びかけていったが、デムーロ騎手は手綱を絞ったまま。余力十分にコーナーを回り切ったヴィクトワールピサは、詰め寄ってくるトゥザグローリーとペルーサを従えながら直線で抜け出した。  これら3歳勢による決着かと思われた瞬間、矢のような勢いで飛んできたのが女王ブエナビスタだ。先行勢に有利となった緩やかな展開にもかかわらず、中団からただ1頭、鋭い脚で迫る。最後は粘るヴィクトワールピサと並んでのゴールとなった。  写真判定の結果が出ると、何度も飛び上がって喜びを爆発させたのはデムーロ騎手。先行して早めに勝負を仕掛ける騎乗で、先週の朝日杯フューチュリティSに続くGI 制覇を果たし、ヴィクトワールピサにも2つ目のGI タイトルをもたらしたのである。  敗れたとはいえ、秋シーズンを牽引し、ここでも驚異的な末脚を見せてくれたブエナビスタもまた立派。3着トゥザグローリーと4着ペルーサはこの世代の強さをあらためて示し、5着に残ったトーセンジョーダンはキャリアが浅く、まだのびしろを感じさせる素材だ。  ゴール前の好勝負に酔えただけではない。この有馬記念は、来年の激戦に対する夢もふくらむ、そんなレースになったといえそうである。

【第54回】2009年 12月27日(日) 5回中山8日

2009年第54回有馬記念的中無料情報  レース動画を見る

着順 9 ドリームジャーニー 2 ブエナビスタ 6 エアシェイディ
的中馬券 3連単 18,890円 27番人気

末脚確かにドリームジャーニーが春秋グランプリを連覇!  1番人気は二冠牝馬、49年ぶりとなる「3歳牝馬による有馬記念制覇」を目指すブエナビスタ。2番人気は古馬のエース格、宝塚記念の勝ち馬ドリームジャーニー。3番人気は一昨年の覇者、得意の中山でラストランを迎えるマツリダゴッホ。  史上初めて4歳勢の出走ゼロ、またウオッカ、カンパニー、レッドディザイアといった秋の主役の姿もなかったが、それを補って余りあるだけの話題とともに、第54回有馬記念(GI)のゲートは開いた。  未完の大器リーチザクラウンがハナを切る。今季重賞3勝のミヤビランベリやエリザベス女王杯2着のテイエムプリキュアも行く。これらを見ながら、ブエナビスタはいつもより前の位置取り。内に皐月賞馬アンライバルド、その後ろに末脚鋭いイコピコが控える。  向こう正面でスリーロールスが故障、競走を中止した直後、中団にいたマツリダゴッホが進出を開始し、外から一気に先頭を奪ってコーナーを回っていく。これを見てブエナビスタも追撃体勢へと移行した。  直線、マツリダゴッホを力強く交わしたブエナビスタがゴールに向かって駆ける。そこへ怒涛の末脚で追い込んできたのがドリームジャーニーだった。  スタートでは立ち遅れたものの、じっと後方で脚をため、レースが動いた3〜4コーナーでも我慢していたドリームジャーニー。 「呼吸を合わせながら、折り合いだけに気をつけて乗った。直線では絶対に伸びてくれる馬だと信じていた」  池添謙一騎手の想いに応えて、最後の最後にドリームジャーニーは末脚を爆発させる。ブエナビスタに並びかけると、これを半馬身ねじ伏せて、史上9頭目となる春秋グランプリ連覇のゴールへと飛び込んだ。 「牧場や厩舎のスタッフ、乗せてくださった調教師の先生やオーナー、応援してくれたファン、そして誰よりもドリームジャーニーに『ありがとう』といいたい」  “絶対に獲る”と自分を追い込んで騎乗したという池添騎手は、涙とともに何度も拳を天に向かって突き上げた。  その感謝の思いは、素晴らしいレースを見届けることのできたファンもまた抱いていたものではないだろうか。

【第53回】2008年 12月28日(日) 5回中山8日

2008年第53回有馬記念的中無料情報  レース動画を見る

着順 13 ダイワスカーレット 14 アドマイヤモナーク 6 エアシェイディ
的中馬券 3連複 192,500円 220番人気

これぞ最強牝馬の強さ! ダイワスカーレット、完勝の逃げ切り  ファン投票1位のウオッカ、日本ダービー馬ディープスカイ、菊花賞馬オウケンブルースリの出走は叶いませんでしたが、第53回有馬記念(GI)には、それら有力馬の不在を補って余りある好メンバーが集結、さまざまな注目ポイントに彩られたレースとなりました。  牝馬としては37年ぶりの優勝を目指すダイワスカーレット、連覇を狙うマツリダゴッホ、ジャパンカップに続く勝利で確固たる地位を築きたいスクリーンヒーロー、引退レースでの劇的な復活を狙うメイショウサムソン……。  そしてレースは、もっとも多くの夢を託された1番人気ダイワスカーレットの圧勝劇となります。  スタートしてすぐに先手を奪ったダイワスカーレット。「行ったほうが安全。押し切れる」と、鞍上・安藤勝己騎手の自信あふれる騎乗です。快調なピッチで飛ばし、そのまま誰にもハナを譲ることなく、3コーナー、4コーナーと余力たっぷりに回り切ります。  直線では好位追走のカワカミプリンセス、メイショウサムソン、アサクサキングスらをたちどころに振り切り、押し上げてきたスクリーンヒーローとマツリダゴッホも軽くあしらって、大きな脚さばきでゴールへと向かうダイワスカーレット。負かしにきたライバルたちを完膚なきまでに叩きのめす、凄まじいまでの強さです。  最後は、アドマイヤモナーク、エアシェイディ、ドリームジャーニーといった伏兵勢の2着争いを1馬身4分の3後方に見ての1着ゴール。堂々と腕を振り上げる安藤騎手の姿とともに、ダイワスカーレットは有馬記念の歴史にその名を刻んだのでした。  天皇賞(秋)でウオッカのハナ差2着に終わった悔しさを晴らし、最強牝馬としての存在感をふたたび示したダイワスカーレット。来季は海外遠征も視野に入れているとのことですが、ひょっとすると日本の誇る女王2騎、ウオッカとダイワスカーレットが強豪外国勢を敵に回して世界を制する、そんな未来もありうるのではないでしょうか。

【第52回】2007年 12月23日(日) 5回中山8日

2007年第52回有馬記念的中無料情報  レース動画を見る

着順 3 マツリダゴッホ 7 ダイワスカーレット 4 ダイワメジャー
的中馬券 馬連 22,190円 38番人気

中山巧者マツリダゴッホ、内から力強く抜け出してグランプリを制覇!  気合いをつけて逃げたチョウサンを、ダイワスカーレットとサンツェッペリンが追走する形で始まった有馬記念(GI)。向こう正面で流れは落ち着きましたが、3コーナーに差し掛かったところでペースアップ、ダイワスカーレットが先頭を奪い、中団から後方にいたファン投票1位のウオッカと単勝1番人気のメイショウサムソンも馬群の外でスパートの準備へと入ります。ダイワメジャーやポップロックも好位へと押し上げてきました。  観衆の多くは、これら“今年の主役たち”が、どの位置から、どんな脚で伸びてくるかを注視していたことでしょう。  しかし、力強く抜け出してきたのは単勝オッズ52.3倍・9番人気の伏兵マツリダゴッホでした。  3番ゲートから好スタートを切り、3〜4番手の内という絶好のポジションで脚をためていたマツリダゴッホは、4コーナーの終わりで先頭に立つと、直線でもさらに加速します。ダイワスカーレットとダイワメジャーの追撃を振り切って、1馬身4分の1差での先頭ゴール。見事に初GIタイトルをその手につかんだのでした。 「手ごたえはよかったけれど、まさか勝てるとは」と、マツリダゴッホの鞍上・蛯名正義騎手。これまでマツリダゴッホは中山で7戦4勝、うち重賞2勝と抜群のコース実績を残しています。また蛯名騎手は、最終レースのハッピーエンドカップも制して、今年中山競馬場で44勝目を挙げ全騎手中トップ。中山の芝2500mでは、マンハッタンカフェで制した2001年の有馬記念、7番人気で勝利したこの日の第7レース・グッドラックハンデキャップを含めて24勝目となり、こちらも現役騎手中のトップです。舞台を知り尽くした馬と人だったからこそ、今回の力走が生まれたのかも知れません。  外国産馬のオークス勝利、64年ぶりとなる牝馬の日本ダービー制覇、兄と妹の大活躍、天皇賞春秋連覇、3000勝ジョッキーの誕生……。2007年を締めくくるグランプリは、激動の1年を象徴するかのような波乱の結果となりました。

【第51回】2006年 12月24日(日) 5回中山8日

2006年第51回有馬記念的中無料情報  レース動画を見る

着順 4 ディープインパクト 1 ポップロック 5 ダイワメジャー
的中馬券 馬連 1,070円 4番人気

鮮やかなラストフライト! ディープインパクトが完勝でGI7勝を達成  とうとうやって来た、この日。  第51回有馬記念(GI)でラストランを迎える英雄ディープインパクト、その最後の“飛空”を見届けようと、何日も前から中山競馬場にはファンが列をなしました。もちろん断然の1番人気で、単勝オッズは1.2倍、単勝支持率は70%超。  GI連覇中のダイワメジャー、3歳からは二冠馬メイショウサムソンと安定感あるドリームパスポート、豪州G1でワン・ツー・フィニッシュを果たしたデルタブルースとポップロックなど難敵はそろいました。加えて、苦手とされる中山コース。それでもディープインパクトの勝利に疑いを抱く人は少なかったようです。  そしてディープインパクトは、鮮やかに飛びました。    道中は後ろから3番手。3コーナーに差し掛かっても、まだ動きません。しかし4コーナー、気合いをつけられただけで馬群の外を駆け上がっていくディープインパクトの姿に、スタンドでは歓声が大きくこだまします。その歓声を突き破るような地響きが、ディープインパクトの脚元から聞こえたのは錯覚だったのでしょうか。    まさに、轟音を感じるようなラストフライト。出走馬中ただ1頭となる上がり3ハロン推定33秒台の末脚を繰り出したディープインパクトは、ポップロック、ダイワメジャー、ドリームパスポートらの2着争いを3馬身も突き放して、最後は鞍上・武豊騎手が手綱を緩めるほど余裕のゴール。勝利が義務づけられたラストランを圧勝で飾り、シンボリルドルフ、テイエムオペラオーに並ぶGI7勝目をあげたのです。 「こんな名馬に出会えて、本当に幸せでした」と武豊騎手。その思いは、ディープインパクトの走りを見守り続けたファンにとっても同じこと。スタンド前に戻ってきたディープインパクトに対して「ありがとう!」の声が降りそそぎました。  引退式を終え、種牡馬となるため北海道へと旅立っていくディープインパクト。何年か後、その子どもたちが同じような、あるいは父を越える“飛空”を見せてくれることを、楽しみに待つことにしましょう。

プライバシーポリシー

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング